スポンサーサイト

  • 2013.09.03 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    一年がたちました。

    • 2012.03.11 Sunday
    • 12:02
    奥松島。 
    本当だったら、この木は運河沿いにたくさん植えられていて、向こうの海は見えませんでした。 
    全て津波によって流されています。 


    3月11日。 
    震災から早いもので一年がたちました。 

    ほっんとうに時間とは早いものですね。 
    去年の今日を昨日のことのように、時間をたどることができます。 
    まだ行方不明者の方々は3000人超。 
    神戸の震災時は3人なのに対し、異常な数です。 
    ご遺族の方々を思うと、胸が苦しくなります。 
    助けたくても助けられなかったと、流されている方をただ呆然と見るしかなかった、そういう自責の念にかられている方もいらっしゃいます。 
    津波という災害を身をもって体験してしまった方々の想いは その方々じゃないと本当にわからない。 
    だって、映像を見てもあまりにも圧倒的すぎる光景で現実味を感じない。 
    あの場にいた方々は本当に怖かっただろう…っと想像すると涙が出てしまう。


    松島、野蒜駅。線路がありません。 


    一年、っと時間はたっていても、沿岸部の被災地の光景はあまり変わっていません。 
    本当に復興は進んでいるんだろうか・・・?っと不思議に思います。 
    それなのに、そこから離れるとなんだか日常に戻ってしまっている感じで違和感を感じます。 

    被災された方々を取り残さないように、想うこと。 
    そして、祈ること。 
    それを形にするのは、今の私には募金するとか、それしかできないけれども、 とにかく祈り続けます。 
    みんなが早く本当の笑顔を取り戻せますように。


    スポンサーサイト

    • 2013.09.03 Tuesday
    • 12:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      マイオリジナルサイト

      counter

      ネットショップOPENしました!

      CM

       

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM