スポンサーサイト

  • 2013.09.03 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    雨のメテオラ

    • 2006.04.30 Sunday
    • 14:38


    サントリーニからアテネまでフェリーで11時間。
    懐かしいアテネへ。おっちゃんとも再会を果たす。
    妹とはここでお別れ。
    またもや必要以上に妹の心配をしてしまった。
    前に一緒にバリにいった時もそうだった。
    過剰な心配をしたせいなのか日本に帰ってきて、首にボツボツと湿疹ができたことがある。
    病院へ行くと、帯状疱疹との診断。
    以前、雅子さまもなってしまったこちらのご病気。
    ストレスからによるものだそうです(苦笑)

    でも今回で確信しました。
    私が勝手に心配しているだけだとね(笑)
    っというより、妹は私よりしっかりしているかもしれない。
    方向感覚もいいし…。
    逆に方向音痴の私が頼ってたし。
    アテネ空港で逆に妹に心配され、別れました。しょんぼり

    ここから独り旅スタート。

    アテネから北上、途中メテオラに立ち寄りトルコへ抜ける。
    アテネから4時間半のトリカラに着いたのは23時半。
    メテオラ近くのカランバカへはとうていバスなど出ているわけもなく、そこの宿で一泊をと思っていたのだがどこもフルだと言われる。
    夜中…、しかも雨…。
    途方にくれた。。。。

    なのでタクシーを捕まえ、20分先のカランバカまで行くことにした。
    タクシーのおっちゃんは私の言ったホテルが分からず、他のタクシー運転手に聞いてまわる。
    その時だった。
    そこで発進するタクシーを止めて聞いたことに客が腹を立てたのか、
    ドアを開け、いきなりおっちゃんを殴りつけたではないですか!
    一人タクシーの中で叫び声をあげる自分…。
    殴られたおっちゃんは無言でタクシーに戻り車を発進させた。
    英語がまったく通じず、気の利いた言葉が言えず。

    ああ〜…、申し訳ない。
    料金をちょっと上乗せ。それしか感謝の気持ちが伝わらない。
    運転しながら何度も頬をさするおっちゃんの後ろ姿が切ない。。。

    無事にカランバカ到着。
    しかし、ガイドブックに書いている値段よりホテル代が高い…。

    メテオラ観光で2泊3日滞在したが、あいにくずっと雨だった。
    傘を差しながらのメテオラ観光。雨
    メテオラは崖の上に修道院などが建てられ、神秘的。
    世界遺産にも指定されている。
    行きはバスでいったが帰りはトレッキングコースで約2時間雨の中を歩き続けた。
    周りは奇岩だらけ、崖にかかる霧がなんとも幻想的。
    晴れていたらもっと景色は綺麗だったろうと思う。



    メテオラ修道院で見た下界。霧で何も見えねぇ…。

    トリカラからティッサロキニへ行き、一気に寝台列車でイスタンブールへ。
    憧れのトルコだぁ!!




    ギリシャ==================================
    【滞在期間】 16日間(4月16日〜5月1日)
    【移動経路】バンコク⇒アテネ(飛行機)⇒ミコノス島(フェリー)⇒サントリーニ島(フェリー)⇒
    アテネ(フェリー)⇒トリカラ(バス)⇒カランバカ(タクシー)⇒トリカラ(バス)⇒ティッサロニキ(バス)⇒
    イスタンブール(寝台列車)
    【使ったお金】815ユーロ=118,175円(1ユーロ=約145円で換算)

    ■予算情報■
    ・東京→バンコク(ストップオーバー)→アテネ(133,440円(タイAIR))
    ・アテネ(ピレウス)→ミコノス島のフェリー代(24.20ユーロ)
    ・ミコノス島→サントリー島のフェリー代(28ユーロ)
    ・サントリー島→アテネのフェリー代(24.50ユーロ)
    ・アテネ遺跡の共通入場チケット(12ユーロ(sutudent card利用で6ユーロ))
    ・アテネ→トリカラのバス代(21.80ユーロ)
    ・カランバカ→テッサロニキのバス代(15.20ユーロ)
    ・テッサロニキ→イスタンブールまでの寝台列車代(48.20ユーロ)
    ※フェリー代は変動します。
    ======================================


    ※もっとギリシャ写真(23点)を見る←


     

    ミコノス島とサントリーニ島

    • 2006.04.26 Wednesday
    • 18:54


    朝5時15分に起き、7時35分ミコノス島行きのフェリーに乗る。
    約5時間30分でミコノス島へ到着。
    フェリーはすこぶる快適だった。船酔いの心配もなかった。

    ここは夢のような場所。。。
    散歩しているだけでワクワクする。
    あちらこちらに猫が顔をだし、朝に歩くとどこからともなくパンの匂いがし、イケメンな青年がカフェにくつろぎ…。
    なのでカフェで人間観察するのにももってこい。
    ギリシャ風って顔が濃いかな〜っと思っていましたがそんなこともなく、目を疑うようなイケメン揃いでした(笑)
    夕暮れに照らされた風車。海。
    水色と白のコントラスト。
    なにもかもが絵になる。
    夜景も最高!!
    そんなこんなでミコノスに滞在したのは5日間。


    いつも夕食を食べていたレストラン。アコーディアンが似合う。

    ミコノスからサントリーニ島まではフェリーで3時間30分。
    ここも歩くだけで楽しい島。
    サントリーニ南部のアクロティニ遺跡へバスで行ってみた。
    だがこちらは何らかの理由で長い間クローズ。
    地球の歩き方ちゃんとしっかり書いておいてくれ。
    どうせなので周辺を観光。帰りのバスの本数が少ないので行ける所まで妹と歩いてみた。
    4月、風が吹きすさぶ中、延々と歩いた。
    しかし、田舎だ…。
    車も人も通らない。ハイシーズン以外はホテルがクローズしている所が多く、
    空き家のホテルが多い。
    気づけば、2時間30分。約8km歩いていた。
    さすがに妹も歩き疲れたらしく、もう少しだと言う所でタクシーを捕まえる。

    こちらでは日が完全に沈むのがちょうど夜の8時になる。
    サントリーニといえば、あの言わずとしれたイアの夕日
    以前働いていた会社の壁にこれと同じ写真を貼っていたっけ…
    それを肉眼で見れるなんて…
    音楽を聴きながら最高の夕日を見るとおもわず何かがこみ上げてくる。
    ちなみにMAROON5のShe Will Be Lovedを聴く。
    あうわ〜コレ。
    周りはカップルだらけ…。
    やはりハネムーンで人気の島だけあってカップルが多い。
    くそ〜、チュっチュっやってるわ(笑)



    イアの夕日。


    やはりここはヨーロッパ。お金の減りがはやい…。
    しかもネット代!! 1時間は日本円で換算すると500円過ぎてしまう。
    長く沈没したいのにそれがなかなか出来ないのが残念だ…。



    フィラの夜景。

    しょっぱなからやってしまった!

    • 2006.04.20 Thursday
    • 19:37


    タイから約10時間のフライトで憧れのギリシャ、アテネへ到着。
    一気にアジアからヨーロッパ。
    物価が高けぇ!!!目ん玉が飛び出ました。予想はしてたけど。

    実はアテネに発つ前にトラブルが2つありまして…
    自分は絶対こんなヘマはしないだろうと思っていましたが…、
    やってしまいました…。

    アテネのフライト15日 00:35発。
    いくら待ってもフライト時間が表示されない。
    「00:40分発のフライト時間が出てるのになんでアテネ行きが出ないんだ!?」
    私が言うと、妹が真っ青な顔冷や汗でつぶやいた。
    「……今日って16日になるんじゃない…? これって一日遅れてるんじゃない…?」
    慌てて時刻表を見て一気に血の気が引いた…。冷や汗
    この感覚、久しぶりだ。
    やってしまった!!! 

    日付を一日間違えってしまった!!冷や汗冷や汗冷や汗

    すぐにタイ空港にあるタイAirのオフィスへ行く。
    私が泣きそうな顔で悲しいこの旨を伝えるとカウンターの女の人が
    「NOーーー」
    といいながら首を横に振った。
    それを見て、更に泣きそうになった。悲しい悲しいそして彼女は
    「This is FIX chiket. can`t changi date…」
    と言われた時、本当に終わったと思った。
    だが、一人100ユーロ、もしくは4650B払えば(約15000円)翌日のフライトに乗れるらしい。
    もう迷う余地なんてなかった。
    ATMでお金をおろし、追加料金を払う。でも思えばFIXなのに追加料金を払えば乗れるのだから不幸中の幸いだ。
    これでまた買い直すハメになったら…。考えるだけで恐ろしい!!

    しょっぱなでこんなことをやらかしてしまうとは。
    空港で一泊し、朝になってから空港下の電車でフォランポーン駅まで行き、チャイナタウンのホテルで休む。
    本当に妹に申し訳ない…。
    意気消沈でホテルでぐったり。
    ずっと宿の天井にあるファンを眺めていました。
    そして夜は無事に飛行機へ乗れたのでした。

    アテネ到着!
    嫌な事は忘れ、市内を観光。

    そして第二のトラブル。
    ATMへ行き、ある事に気づく。

    ……クレジットカードがない。冷や汗冷や汗冷や汗

    いつもあるべき場所にないのだ。
    バッグもひっくり返してくまなく探したが見つからない。
    最後に使った日は?
    タイ空港で引き落としたのが最後。
    …まさか、ATMでカードを入れたままにしてきたとか?
    いくら私でもそんなアホなことはしないと思ったがあのチケット事件で頭がパニックになっていたからありえる。
    タイで誰かに使われてしまったら?

    一刻もはやくカードを止めようと、事情を話しゲストハウスの電話を借りた。
    だが何度かけてもつながらない。
    泣き入りながら何回も電話でカチャカチャさせていると宿のおっちゃんが
    「落ち着いて! 深呼吸して」
    とパニックになっている私を落ち着かせてくれた。
    それでもつながらないので途方にくれていると、おっちゃんが
    「どれ、貸して」と電話をかけてくれた。
    なんとつながる。パニックになると、できることもできないらしい。
    そして無事にカード解約届けを出し、誰にも悪用されてないこともわかったのだった。

    おっちゃんに感謝だ。
    妹に気づかれまいとしたが、分かりやすい私なので妹はただ事ではないことに気づいていた。事情を話すと

    「まったく、おねえは…」
    とため息まじりにひと言。

    はい、返す言葉もございません。しょんぼり


    そしてスッキリな気持ちでミコノスへと旅立ったのでした。


    パルテノン神殿がら見たアテネの街並

    ミコノス島へ発つ日の朝。助けてくれたセルビアモンテネグロのおっちゃん。(中央)と妹(右)
    大変笑顔ですが前夜は泣き入ってました。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    マイオリジナルサイト

    counter

    ネットショップOPENしました!

    CM

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM