スポンサーサイト

  • 2013.09.03 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ありがとう…そして、八丈島。(その6)

    • 2010.04.08 Thursday
    • 11:10
     
    叔母の十八番のラザニアときめき

    帰る前日は叔母の作ったラザニアで最後の晩餐。
    こちらのラザニアは12年前も10年前も食べていて今回で3回目。

     

    まったく味が変わっていなかったです・・・グッド
    こちらは作るのが大変で、肉種を作って焼いてからもトマトソースで
    煮込んで、さらにオーブンで焼くという手間がかかるお料理。
    約半日もかかっていました。


     
    でも食べるのは一瞬・・・


    旦那様のリチャードさんはイタリア人のアメリカ育ち。
    なのでラザニアは大・大・大好き!
    ですが、悲しいことに日本食はさっぱりダメなんですねえ…
    唯一食べれるのがトンカツ。
    でも上にかけるソースがNG。
    なので日本食レストランに行く時はプレーンのトンカツのみを頼みます。
    (ちなみに野菜もダメ、パプリカ、セロリ、アスパラと食べれるものもある…びっくり

    でも箸の使い方は私よりもウマい。(しかも左手)
    とっても、面白いのです。叔母はこってこての和食が好きなので、
    いつも夕食作りは苦労するとのこと。


    アメリカ滞在中、3キロ太っていました冷や汗


    実感しました。
    これは太ります・・・・。
    アメリカの食べ物は太るのです。
    間違いありません・・・・。

    だって、ヴァッフェとかよく行っちゃったもんね・・・。
    日本食レストランのヴァッフェは凄かった。
    刺身、すし、ロール系、カニ、オイスター、、、
    私の好きなものばっかり・・・・。

    叔母ちゃん、リチャードさん、本当にありがとうございました。
    空港で最後まで見送ってくれて、年がいもなく泣きそうになりました。
    これからも体に気をつけて、お元気でいてください。
    次回もその豪快な笑い声を聞かせてくださいね。楽しい


    それから実家に帰り、大変なことを聞かされて、急きょ八丈島に帰り、
    一気に現実に戻された感じがしました。


    今は引っ越しで築110年の家に移り住みました。
    目を覆いたくなるほどのボロい…いや古い家ですが、
    埃まみれになって掃除した甲斐あって、なんとか、見れる状態になっています。
    これからここが我が城です。


    滞在期間】2010.3/25〜4/12
     
    【航空会社】ユナイテッド航空【正規割引航空券】
    【日程】往路   2010/03/25  16:30 成田空港発
               2010/03/25  10:20 ロサンゼルス国際空港着
                         12:15 ロサンゼルス国際空港発
               2010/03/25  13:38 サンフランシスコ国際空港着     
        復路   2010/04/11  11:11 サンフランシスコ国際空港発   
              2010/04/12  14:05 成田空港着

    【航空券料金】大人  59,000円
    【現地税(日本事前徴収分)】大人  5,460円  
    【燃油サーチャージ】大人  14,000円  
    【国内空港使用料】大人  2,540円  
    【手配料金】   大人  2,100円
    -----------------------------------------  
      合計          83,100円


    JUGEMテーマ:旅行

    西海岸をドライブ。(その5)

    • 2010.04.07 Wednesday
    • 11:00
     

    今回はカリフォルニアの見どころ、西海岸へちょこっと。  

    っといっても、広いアメリカのことですから、
    ちょっとそこまでも片道3時間ほどかかりました。
     ‘MENDOCINO’という街へ。
    ここら辺は見晴らしの良い所で海岸沿いのドライブです


     

    いつも見る、八丈島の群青色の海ではなく、
    いかにもカリフォルニアらしい海!
    太陽が似合う青の海っというのでしょうか……。
    どちらもつながっている同じ海のはずなのに、
    どうしてこうも違った顔を見せるのでしょう…。

    いつものごとく、カップラーメンランチをしながら海をじっと眺めていると、
    なんだか得体のしれない大きな塊のような黒い物体がフッと浮かんできたのが見えました。

     「ん!!??子供

    叔母たちにも伝え、3人で目を凝らして見ていました。

    叔母  「サメ?」
    旦那様 「アザラシ?」
       「クジラ?」

    三人三色です(笑)

    ちなみにクジラと言った根拠は、潮を噴き上げたような光景が見えたような気がしたから…… 結局わからず、未だ持って謎です。
    その後、またドライブ、すると、なんだか得体のしれない大群がありました。
     
    アザラシですね・・・。
      写真の中央、見えるかしら…これが精一杯のズームです…

    先ほどもきっとアザラシなのかもしれません そういえば、サンフランシスコの観光地、フィッシャーマンズワーフでアザラシの大群があり、
    それが観光の目玉となっていましたが、ここ一年ほどでアザラシが北へ移動したらしく、寂しい状況になってしまったとのことでした。

    たしかに10年前はアザラシが群がっていて、騒がしいほどの大盛況ぶりだったのに今回はほんの数頭・・・・
    こちらも温暖化の影響が出ているようです。
    その後もなんだか黒い物体の大群をみるようになりました。
    しかし、尋常なほどの数です。
    200〜300頭・・・、いや1000頭はいるのではないでしょうか??


     
    よく目を凝らしてください。


    旦那様のリチャードさんは
     「たくさんのアザラシだね!!」
    と写真を何度も撮っていました。

    最初はサンフランシスコのアザラシが移動したのかも!
    っと思っていたのですが、何回もその尋常ではない大群を見て、
    疑問を抱くように・・・・。

    目玉が渇くほどに目を凝らしてみましたが、どうも違う・・・


    「・・・・海藻ではないか?ショック


    そう思っていると叔母も
     「これは海藻だわ。眼鏡
    と呟いていました。

    ですが、アザラシアザラシと言いながら写真を納めている旦那様の前で、
    そんなことは言えなかったようです。

    夢は壊すべからず。


     
    カワイイ注意看板。

    JUGEMテーマ:旅行

    約12年ぶりのヨセミテ!(その4)

    • 2010.04.06 Tuesday
    • 10:38
     

     
    ヨセミテ国立公園のメインポイントのハーフドームとヨセミテ滝。

    今回はなんとヨセミテ国立公園へ日帰りで行ってきました。

    まだ雪が降っているというし、今回はいけないだろうな…と諦めていたヨセミテですが、
    リチャードさんが「イケるよ」と一言、
    予想外のヨセミテ行きが決まったのでした。

    こちらは何と言ってもカリフォルニアでも観光客が多く訪れる国立公園。
    CMでもカリフォルニア州知事のシュワちゃんがヨセミテ国立公園をバックに
    「ようこそ!」と歌っております。

    こちら、私がティーンエイジャーだった時に訪れてから2度目。
    初めての海外で素晴らしいヨセミテの風景を見て度肝を抜いたのを覚えております。
    「やっぱり、アメリカってすごいのね・・・」
    と純粋に思ったピュアな10代でした…。(今もそうでありたいです…。)
     
    なんというか「壮大な景色」という言葉がピッタリ当てはまる景色。
    本当に完璧なのです。
    前回は夏に訪れたのですが、今回は雪化粧のヨセミテ。
    化粧というより、かなり積っていた雪なのですが、これはこれで素敵・・・。

    前回のデスバレー国立公園とは対象的なヨセミテ国立公園。
    同じカリフォルニアとは思えませんね。


     

     
    観光客はスニーカーが多く(私も含め…)ツルツルで進めない・・・


    ヨセミテ国立公園のベストシーズンはなんといっても5月。
    雪解け水が大量に押し寄せるヨセミテ滝は圧巻です。
    今回はまだ少なくはありますが十分迫力あるように思いました。

    が、リチャードさん曰く、
    「5月の10%くらいの量だね」
    っと言っておりました。

    「これが10%・・・???びっくり
    5月はあまりにも多すぎて観光客はみなレインコートを羽織らないと歩けない状態になるそうです。

     
    100%の水量はもはや想像つきません…。
    ですが、リチャードさん曰く、バックの黒い部分まで全て水量だそうです。。。


    今回のヨセミテ、いくら日帰りとはいえ、片道3時間半はかかっております。
    本当にこんな長いドライブ、リチャードさん、いつも御苦労さまです。
    今回はハイウェイではなく、山道でしたが、でもやっぱり恐かった・・・冷や汗


     
    やっぱり自然はいいなあ…。

    JUGEMテーマ:旅行

    アメリカ、デス・バレー国立公園へ行く(その3)

    • 2010.04.02 Friday
    • 15:06
     
    一週間前に開通したばかりのデスバレー国立公園のオフロード。



     

    叔母たちは毎年、ヨセミテ国立公園は行くらしいが、こちらのデスバレーは去年に初めて訪れたとのこと。

    旦那さまのリチャードさんは暑い所は苦手らしく、
    こちらの公園は名前のせいもあってか、ずっと行くのを躊躇していたらしい。
    だが、ロサンゼルスにいる知り合いに会いに行った帰りに、
    ついでということでこちらのデスバレー国立公園を通って帰ることしたらしく、
    このオフロードに迷いこんでしまったのだが、あまりの壮大さに、度肝を抜かれたとのこと。

    岩に必死にひっついているサボテンの花が咲き、
    ピンクの花々が咲き誇っていて 「ビューティフル!」だったのだそうだ。
     
    前回のブログでも書いた通り、今回はそのピンクの花々を見ることができなかった。
    実に悔しい・・・しょんぼり


     


     
    岩々がでかすぎて、写真に入り切らない・・・。


    こちらの岩々の隙間を車で通って行きました。 
    いちいちデカくて、カメラのシャッターを何度押したことか!
    アメリカらしい風景です。
    途中でカップラーメンランチ。
    こんな場所で食べるカップラーメンは実に美味しかった・・・・

    そして、最後のオフロードを抜けたら、いきなり目の前に


     

    竜巻が!!!!びっくりびっくりびっくり


    乾燥してきている大地。この辺は多いようです。
    しかし、すっごい迫力だった・・・
    よくテレビで見るようなデカイ竜巻なら、たぶん腰を抜かすと思う。。。。

    こちらのデスバレーは砂漠の他にも様々な見どころのあるポイントがあって、見ごたえがある。
    こちらの公園をじっくり回るなら5日はほしいところ。



     

     
    塩湖というと、ボリビアのウユニ塩湖を思い出しますが、
    アメリカもソルトレイクシティー(塩湖街)など、名前に付けられるほど塩湖が有名。

     

    360度パノラマポイント。ため息が出る絶景!!

    その後は初めてのアメリカ牛ステーキを食べ、
    (その後も3回食べた…)
    疲れをとりました。というか、また活力が出てくるほどのボリューム
    ・・・写真だと、大きさが伝わらないんですが、厚さ約2.5cm

    こちらのお肉、しっかりと私の贅肉となってくれた・・・
    フッッ

     
    正直食べきれなかったけど、貧乏根性で食べきった・・・



     
    そして、部屋に戻った後もビール。機内食でも飲んだメジャーなドラフトビール。
    ゴクゴク飲める喉ごしです。


    帰りも9時間のドライブを経て、サクラメント到着。
    リチャードさん長らくのドライブありがとうございました。
    しかし、ハイウェイ飛ばしすぎで、若干恐かったっす・・・汗

    JUGEMテーマ:旅行

    アメリカ、デス・バレー国立公園へ行く(その2)

    • 2010.03.30 Tuesday
    • 14:48
     

    3泊4日でカリフォルニアの国立公園、
    『デス・バレー国立公園』へ行ってまいりました。
    こちらはサクラメントから車で片道9時間。
    ラスベガスからほどなく近い場所にある国立公園です。 
    しかし、改めて思います。


    アメリカ……デカイ。びっくり

    だって同じカリフォルニア州にあるのに、それでも9時間かかってしまう。
    考えてみればカリフォルニア州は日本列島とそんな変わらない大きさ。
    もし、アメリカ横断のドライブだったら、飛ばしても1週間。
    以前行ってみたいな〜っと思っていた時もありましたが、
    以前の旅でNYからカナダのトロント行きで12時間バスで揺られて、もう十分だと思いました。
    ええ、私ヘタレです。。。

     

    ところでこちらのデス・バレー国立公園。
    海外から見るとそんなに知られていない国立公園だと思います。
    カリフォルニアだとヨセミテ国立公園が有名すぎるせいでしょう。


     
    デスバレーのメインの砂漠。



     

    デスバレーというと「死の谷」という意味ですが、
    この時期になるとサボテンの花が咲き誇り、そのほかの花たちも鮮やかに咲いていて、とても綺麗なのです。
    サボテンの花は濃いめのピンクでとってもカワイイ
    実はその花々が今回見れるはずだったのですが、ラニーニャのせいで気温が低く、花はみられなかったのでしたしょんぼり

    上記の写真はメインの場所である砂漠。
    サハラ砂漠のような広大な砂漠が広がっているのではなく、一部分のエリアにある砂漠ではありますが、やはり夕暮れ時の砂漠はグッときますね。。。


    こちらは自然に動くという石。
    石が動く原因を重力や地震で説明することはできないとされている。
    観光客は見ることができない(保護されているため)
     ※写真は“ナショナルジオグラフィック”によるもの。

     
    当日は9時間のドライブの疲れもあり、早めにお休み。
    翌日は叔母たちが大絶賛しているオフロードのドライブ。
    叔母曰く、去年初めてこちらのオフロードを通り、あまりの壮大さに魅了されたとのこと。
    雨季時期小雨は閉鎖しているオフロードが一週間前に開通したとのことで行ってきました!
    そのお写真は次回に。

      こちらはアメリカに来て初めて飲んだ、ライムビール。
    疲れた時にはアメリカの甘めのビールは丁度良いですね。グッスリ眠れました。


    JUGEMテーマ:旅行

    アメリカに住む叔母を訪ねる。(その1)

    • 2010.03.27 Saturday
    • 14:30
     
    10年ぶりのゴールデン・ゲート・ブリッジ

    ヘトヘトになり、東京に着き、倒れこむように安ホテルのベッドに就寝。

    翌日は約10時間ほどのフライト…
    しかもロス経由のサンフランシスコで少しめんどくさい。
    考えただけで眩暈がするけれども、久しぶりのカリフォルニア。
    しかも10年ぶりの叔母夫婦に再会ということで、嬉しさいっぱい!
    でも、ちょっと緊張

    叔母は今年で80歳という。
    見た目はやはり年を重ねたことは感じさせる。
    が、話してみると全く変わっていない。
    旦那様はイタリア生まれアメリカ育ち。
    英語が速すぎて、聞き取れない。。。

    時差ぼけで当日はヒドかったが、翌日すぐに回復。
    その日は一日、叔母とのトークで過ぎていきました。
    叔母たちはサンフランシスコから車で一時間半ほどの州都、サクラメントに在住。
    雨季が終わり、乾季に差し掛かり、今時期になると既に暑いはずなそうだが、今年はエルニーニョの反対、ラニーニャの影響で寒いとのこと。。。
    日本以外でも温暖化の影響は目に見えるように変わってきているようです。

     
     
    こちらはサンフランシスコにある日本庭園。アメリカって感じがしない・・・

     
    丁度、桜が満開でした。

    話は変わりますが、アメリカの滞在期間中は家の引っ越し時期と重なってしまった。。。(八丈島内でのお引っ越しです)
    今回は相棒はお留守番。
    いくら半年越しの予定だったとはいえ、相棒に引っ越し全て任せたことに後ろ髪を引かれるようでした。。。
    申し訳なくて申し訳なくて、相棒の険しい顔が夢にまで出てきた。
    最初は全然楽しめなかったけれども、途中では意識的に楽しむようにしていました。
    だって、せっかくのカリフォルニアだもん。 
     
    ・・・・スマンショック

    こんな薄情な私を許してほしい
    八丈島に帰って、頭が上がらないと思う。



     

     
    3回目のゴールデンゲートブリッジ。


    JUGEMテーマ:旅行

    実はアメリカに行ってきました。

    • 2010.03.24 Wednesday
    • 14:15
     
     
    船の途中で立ち寄った、三宅島の光景

    実は、わたくし、申し遅れていましたが、実はアメリカに行ってきました。
    アメリカのカリフォルニアのサクラメントに叔母が住んでいるもので、
    10年ぶりに逢いに行ったのでした。

    10年ぶり、、、、あっという間ですね。
    前日に東京に一泊し、ロサンゼルス経由のサンフランシスコ行き。

    ですが、当時に低気圧が通り、八丈島から羽田の飛行機が飛ぶか飛ばないかという微妙な雰囲気でした。
    これに乗り遅れたら、アメリカ行き事態がなくなってしまう・・・。

    迷っていたのですが、八丈島の方々から
    「飛行機、欠航っぽいから、船で行った方が良い」
    の助言も後押しとなって、船に泣く泣く乗り込んだのでした。

    八丈島から東京、浜松町まで約11時間。
    飛行機も欠航するという天気なので海も大荒れ・・・・。

    揺れる・・・冷や汗


    ゆれる・・・冷や汗冷や汗

    ユレル・・・・・冷や汗冷や汗冷や汗

    トイレに行ったり、来たり、トイレに行くまでも歩けない程の揺れ。
    ゴンドラのような揺れでした。
    この大荒れで時間は1時間近くもオーバー・・・・。
    朝の10時に出てのが夜10時に着・・・。

    死ぬような思いでした・・・・おばけ

    翌日、やっとの思いでアメリカにたどり着いたのでした。。。

    ちなみに飛行機は辛うじて飛んだとのこと。
    飛行機だとたった45分。

    ・・・・・・・。



    ちょっと泣きました。

     
    こちらでずっと、横になっていました。。。。というか、死んでいました。。。



    JUGEMテーマ:旅行

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    マイオリジナルサイト

    counter

    ネットショップOPENしました!

    CM

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM